マキタとダイソン、どちらがおすすめ?主婦目線で2台持ち徹底比較しました

ダイソンDC35を使い始めて、約3ヵ月が経ちました!毎日便利に使っております。

もともとマキタユーザーで、ハンディークリーナー歴は6年と結構長いのですが、ダイソンとマキタ、コードレスのハンディークリーナー買うなら、どちらがおすすめかな〜というところを、メリット・デメリット含めて、主婦目線でまとめてみようと思います。

比較対象はこちら

  • マキタ(CL100DW)2011年購入
  • ダイソン(DC35)2017年購入

どちらもコードレスタイプのスティック型クリーナーです。マキタは約6年使用していて、まだまだ現役ですが、日々の掃除時間をもっと減らしたくて吸引力の強いダイソンを購入しました。▼ちなみにこれを買いました。

価格比較

マキタ(CL100DW):17,800円 (税込 19,224 円)
ダイソン(DC35):30,500円 (税込 32,940 円)

ダイソンは楽天の公式アウトレットで購入しました。価格で単純に比較すると、ご想像の通りダイソンの方が高いですね…高級家電の印象が強いダイソン。ハンディークリーナーの最新機種は倍近くするものもありますから、驚きです…!

日々の使用頻度

ダイソン8:マキタ2

毎日のお掃除で、つい手に取ってしまうのはダイソンです。やっぱり吸引力が高く、その分掃除が早く終わるから、時間のない朝などはダイソンがとても便利。

ダイソンは、モーターヘッドブラシが高速回転して、ブラシによってかき出された塵やゴミがあっという間に吸い取られます。このヘッドのおかげで、どんなゴミでも一往復すれば大体OKです(ですが大きすぎるゴミは面倒くさがらずに、つまんでポイしましょう)

マキタはヘッドに細工が無い分、重量が軽くて楽に操作できますが本当にシンプルに吸うだけ。だから、一往復では上手に取り除けない事もあり…時間のない朝などは、やっぱりダイソンでお掃除しています。

バッテリーの持ち比較

ダイソン:15分間(モーター駆動のヘッドで13分間、MAXモードは6分間)
マキタ:12分

マキタは6年使っていて、バッテリーの持ちも変わっていると思うのですが…公式のデータも調べると、約12分。毎日10分以上連続で使うこともほとんどないので、運転時間に関してはどちらの製品も十分です。

ただ、ダイソンはMAXモードがONになっているのに気が付かず、あっという間に充電が切れてしまったことがありました…やっぱり運転時間6分は短い!と感じます。運転時に手元のMAXモードボタンを一度確認するようにしています。

充電の速さ比較

ダイソン:約210分
マキタ:約50分

マキタは充電がとにかく早いです。べらぼーに早いです(笑)今までどのくらいかかるかなんて計測したことが無かったのですが、公式情報によると50分。使い終わって充電した後に、ふとバッテリーのランプを見るとフル充電サインになっている感覚です…!ただし、本体からバッテリーを取り外して、専用クレードルにセットするという手間が発生します。

逆にダイソンは、時間がかかりすぎる…運転時間はマキタとそんなに変わらないのに、充電時間が3時間半(マキタの約4倍!)って長すぎます…。一日に数回使いたい場合は、あまりおすすめできないかもしれません。

どちらの製品もリチウムイオンバッテリーなので、毎回使い切らなくても継ぎ足し充電が可能なところがいいですね。

重さ比較(本体+バッテリー等含む)

ダイソン:2.22kg
マキタ:0.88kg

ダイソンの重量は、マキタの2倍以上!です。特にモーターヘッドが重く、小回りがききづらいのがデメリット。部屋中を掃除していると、手元や腕が疲れてしまうことも…。

ゴミ捨てはダイソンのほうが楽!

ゴミの捨てやすさは、断然ダイソンでした。ワンボタンでバサッと捨てられるので、毎回のごみ捨ても億劫になりません…本当に快適!

マキタはホース(棒)を外して、本体部分を開けて捨てていますが、フィルター周りにもホコリが引っ付いているので、ティシュなどを使って取り除くのが地味に面倒です。

ダイソンのようにカプセル部分が透明になっていると、中身が確認できるので、ゴミ捨てを忘れないというところも良いな〜と感じます。

製品のタフさはマキタに軍配

まだ買ったばかりのダイソンですが、マキタと同じ感覚で使っていたら、早くもところどころ塗装の剥げやキズが…(汗)マキタは何年も荒っぽく使っているけれど、目立つキズは今のところありません。業務用に使われているだけあって、とってもタフな印象を受けました。

それぞれのいいところまとめ

マキタ(CL100DW)のいいところ

  • 本体重量が軽い(1kg未満)長い時間使っていても手が疲れてこない
  • 単純なつくりで、パーツのメンテナンス(お掃除)が簡単
  • バッテリーが取り外し式なので、新品への交換が簡単

ダイソン(DC35)のいいところ

  • モーターブラシ+吸引力が高いから、掃除時間が短縮
  • バッテリー内蔵。充電はアダプターを差し込むだけで簡単
  • ゴミ捨てが一瞬で終わる。透明だから、溜まり具合も確認しやすい

マキタとダイソン、それぞれのいいなと思ったところをまとめてみました。ハンディークリーナーは、

  • 収納場所を取らない
  • 運転中に電源(コンセント)が不要
  • コードレスだから家中のお掃除が簡単

…というところが最大のメリットと感じます。私自身、6年間スティック型クリーナーのみを使っていますが、特に不便を感じたことがありません。むしろすごく快適です。

毎日使うものは、自分の好きなものが一番

買う前にネットで比較したり、価格調査をしたりしていますが、最終的には自分の満足のいくものに出会うのが一番幸せに感じます…!

好きなものや便利なものを使うと効率UPはもちろん、日々のモチベーションも上がりますよね!少しだけ億劫な作業も自分のお気に入りの道具を使うというだけで、あっという間に終わる気がします(とても単純です。笑)

毎日使うものはきちんと投資して、生活の質が少しでも上がると、豊かな気持ちも生まれてきますね〜。道具選びって、ほんと大事です。

▼引田かおりさんのもの選びも素敵だと感じます…!

引田ターセンさん・かおりさん夫妻の暮らしを見習う5つのアイデア
引田ターセンさん・かおりさん夫妻の暮らしを見習う5つのアイデア
少し前に放送していた、Eテレの趣味どきっ!『幸せになる 暮らしの道具の使い方』 第8回 二人の日常 整理を楽しむ  引田ターセン&かおり夫妻...

ダイソンDC35を購入しようと思っている方に朗報です!

Dyson公式 楽天市場店では、9月の楽天スーパーセールで期間限定で値引きセールをやっているみたいですよ〜(2017/9/8の9:59まで)DC35以外のハンディークリーナーもセール値引き中です。

アウトレット商品ですが、もちろん新品・安心の国内正規品・メーカー保証2年付き・送料無料、しかもフトンツールなどの付属オプションもかなり充実しているので、おすすめです。楽天はAmazonと比べて、ポイントも貯まりやすいですよね。

▼公式ストアはこちらです

▼私がダイソンDC35を選んだ理由は、こちらの記事にまとめています

ダイソンのコードレスクリーナーがやってきた!私なりの選んだ理由と選び方。
ダイソンのコードレスクリーナーがやってきた!私なりの選んだ理由と選び方。
6月に入って、世間はボーナスの時期なのかな~と思っています…かくいう私も会社からボーナスを頂いている一人ではあるのですが…。もう、この年にな...

▼買ったばかりの頃、ゆるく比較した記事

マキタとゆる〜く比較。ダイソンのDC35をはじめてつかってみた感想など
マキタとゆる〜く比較。ダイソンのDC35をはじめてつかってみた感想など
先日、ダイソンのコードレスクリーナーを買いました!という投稿をしましたが、届いた日に早速、初運転・お掃除してみました。どんなものでも、使い始...



ブログの更新をメールでお知らせ

▼ブログの更新をメールでお知らせします