マキタとゆる〜く比較。ダイソンのDC35をはじめてつかってみた感想など

先日、ダイソンのコードレスクリーナーを買いました!という投稿をしましたが、届いた日に早速、初運転・お掃除してみました。どんなものでも、使い始めはドキドキワクワクしますね。まずは、使ってみての感想なんかを簡単にまとめてみました。

▼この製品を選んだ理由などは、こちらからどうぞ〜

ダイソンのコードレスクリーナーがやってきた!私なりの選んだ理由と選び方。
ダイソンのコードレスクリーナーがやってきた!私なりの選んだ理由と選び方。
6月に入って、世間はボーナスの時期なのかな~と思っています…かくいう私も会社からボーナスを頂いている一人ではあるのですが…。もう、この年にな...

ダイソンは、これを選びました


▲購入したのはダイソン DC35 モーターヘッドです。アウトレット品とありますが、商品はもちろん新品メーカーの二年保証つきDyson公式ショップでの購入なので、もちろん正規品ですよ〜。

こんな梱包で届きました

ダイソンの公式ストアで購入したDC35。化粧箱にビニールのシュリンクパッケージで到着しました。開封後は、梱包箱が完全に不要になる掃除機ですから、最低限でシンプルな梱包がうれしかったです。

中の仕切りもほとんどが段ボールで作られていて、廃棄や仕分けもとっても簡単。オプションの「フトンツール」は別梱包で届きました。ちなみに楽天のダイソン公式ストアでは、DC35以外にもオプションのツールをプレゼントしてくれる機種が多数あります。私はフトンツールが欲しかったので、このサービスはとても嬉しかった!

ダイソンといえば、青・ピンク・紫・黄色など、ビビットなカラーを使った製品が多いですが、こちらはメタルグレーを基調とした、ダイソンにしては少し落ち着いた色合いです(購入したページには、オンライン限定とありました)

本体のアクセントに青、赤が入っていて、ポールは白。コンパクトなスティックタイプですから、出しっぱなしでも生活感はあまりないところが気に入りました。

家にあるマキタと比較してみました。

2011年に購入したマキタのクリーナー(CL100DW)と比較してみました。

見た目のシンプルさ:マキタ
製品のデザイン・美しさ:ダイソン
本体重量の軽さ:マキタ(0.88kg)/ダイソン(2.2kg)
見た目のコンパクトさ:マキタ
価格:マキタ(のほうが安かった)

本体重量・価格以外は、私の独断です(すみません)実はこのダイソンDC35も2011年に登場した機種なんですよ!

マキタは見た目のシンプルさや、小さくて軽いのが愛される理由ですよね。マキタと比べるとダイソンは大きいし重いしゴツいですね…ヘッド部分にモーターヘッドブラシが内蔵されているので、一つ一つのパーツがガッチリとしたイメージです。

マキタは各パーツも軽く出来ており、パーツの取り外しもひっこ抜くだけという簡単さ。そこが使用する上でメリットもあるのですが、こうしてダイソンと比較すると、ちょっと頼りない感じもしますね…。

お掃除してみました

驚いたのが、運転音。キュイーーンと高音の音ですが、マキタと比べてもそこまでうるさい印象はありませんでした。MAXモードに切り替えると、音も少し大きくなります。運転音は、やっぱり大きい…ですが、自分の思っていたほどではなく、毎日10分くらいであれば全然問題ないレベルと感じます。

吸引力が売りのダイソンだけあって、やっぱりマキタとは全然違います!こんなにパワーがあるのにコードレスなんてビックリです。これだけの吸引力があれば一往復で大体のゴミは取り除けそうです。
だけど、重量はマキタの倍以上ありますので、やっぱり重いですね…数分使っていると腕や手が疲れてくるので、両手を使うことも。慣れればどうってことなさそうですが。ダイニングの椅子をどかしながらダイソンを片手に…のような動作は、結構難しいです。

フローリングはササッと

動きもスムーズです。目視できるゴミは確実に吸い取ってくれます。部屋の隅はヘッドを添わせて丁寧にしてあげると、端っこに溜まっている埃も確実に取り除くことができます。

ウール絨毯(ギャッペ)はじっくり

毛足の長い絨毯は、手元のボタンを押してMAXモードにしてみました。ギャッペは毛並みに沿って、ゆっくりとヘッドを動かします。

ソファ・チェアの座面はヘッドを付け替えて

ファブリック製品は、ヘッドをミニモーターヘッドに付け替えて、MAXモードでゆっくり運転してみました。ヘッドが小さくなると、小回りがきいて曲面の部分も簡単ですね。

約13畳のリビングは、約10分でお掃除完了しました。操作を確認しながらのお掃除だったので、少し時間がかかってしまいました…慣れれば、もっと早く終わる気がします。出かける前に掃除機を使う事が多いので、時間の無いときに一度でゴミを確実に吸い取ってくれるダイソンはやっぱり心強いです!

以下、お見苦しい写真が出てきます。

閲覧注意:ゴミがこんなに取れました…

小さめの写真でお届けします。13畳のリビングを10分掃除しただけで、こんなにゴミが取れました。テレビショッピング並みの衝撃です。そっか……こんなに取り残していたんですね…。細かいチリや埃や髪の毛、ギャッペの遊び毛も結構取れました。
ですが、やっぱり結果?(成果?)が分かりやすいと、反省もしますし、もっとお掃除頑張ろう!という気持ちも生まれます。見えるって大事

今後は用途で使い分け

まず一度、使用してみましたが「吸引力の変わらない掃除機」はやっぱりすごいです…毎日のお掃除はダイソンに活躍してもらって、まだまだ現役のマキタはサブ機としてこれからも頑張ってもらう予定。マキタは洗面所に常備しておいても活躍しそうだな〜と考えています!今後は、それぞれの得意な場面で上手に使い分け出来たら…と思っています。

以上、ダイソンのコードレスクリーナーDC35のファーストインプレッションでした。

▲公式ページにダイソンDC35の詳しい説明が載っていますので、是非どうぞ!


▲ダイソン公式ストアはこちら