タフで、お手入れも簡単!ギャッペ(ウール絨毯)が一年中つかえて便利です。

新しいうちは、遊び毛が沢山出てきて大変!

絨毯からの抜け毛、ほんとーに日々大量に出ます。しばらく毎日掃除機のお掃除は必須です。しかし、半年くらいで落ち着きました。3年使った今では、殆どでてきません。天然の製品ならではの現象ですね。

価格(初期投資)が高い

サイズにもよりますが、一つ一つ手作りで作られているので、リビングサイズは10万以上すると考えておいた方がいいでしょう。それこそ家のメインになる家具を買う時くらい、購入には大きな決断力が必要です。

ただし、お気に入りを毎日使うという満足感や充実感はプライスレス…!職人さん手作りの1点ものが多いので、じっくり探しつつ、予算はしっかり組んでから、家に丁度いいものが見つかったらすぐに購入がオススメです。以下の4点を事前に考えておくのがオススメです。

  • 予算金額(大きめのリビングサイズであれば20~30万くらいが目安)
  • サイズ(どこにでも敷けるサイズがオススメ。各部屋の床面積を確認しておく)
  • カラー(面積が大きいとインテリアにも大きく影響します。持っている家具との相性も確認)
  • どんな模様(モチーフ)が良いか

ギャッペはモチーフごとに意味が込められています。ちなみに我が家にあるギャッペのモチーフである「木」は、「長寿・健康への願い」や「子どもの成長への願い」を表しているそうです。素敵ですよね!

実店舗があるKavirさんで購入しました。

ミニサイズのギャッペと、リビングサイズのギャッペですが、どちらもここのショップで購入しました。リーズボブ(織密度が高いもの)やゾランヴァリ社の商品も一部扱っています。(我が家のギャッペもゾランヴァリ社製のものです)

Kavirさんは国立に実店舗がありまして、実物を見ることができたり、直接スタッフの方と相談できたりするのがいいですよね。

単色のシンプルなものから、かわいいモチーフ入りのものまで…とにかく絨毯の画像を見ているだけで楽しいんです~。

Kavirさんは楽天にも店舗がありますよ

まずは座布団サイズでお試しするのもおすすめ。

大きな絨毯を購入する前に、ギャッペの素材感や使い心地を知りたい場合は、一番小さい座布団サイズで確かめるのもおすすめ。これ、10年以上前にに購入しましたが、まだまだお気に入りです。このサイズは1万円以内で購入できますよ。

無印の頑丈ボックスの上にギャッペを敷いて、補助スツールとしても使っています。

私が、3年間ギャッペを使って感じたことやメリット・デメリットをご紹介しました。ギャッペを購入検討している方々のお役に立てれば幸いです

▼こちらもおすすめ

シンプルで柔軟な家具を選ぶ
シンプルで柔軟な家具を選ぶ
半円テーブルと長方形テーブルをつなげて、ダイニング生活をしています🙋🏻

ダイソーの108円商品と家にあるものを使って!椅子の超簡単メンテナンス
ダイソーの108円商品と家にあるものを使って!椅子の超簡単メンテナンス
ついつい後回しになってしまいがちな家具の定期メンテナンス。 毎年12月になってからバタバタとやることが多く、天気の良い週末に家にある椅...



ブログの更新をメールでお知らせ

▼ブログの更新をメールでお知らせします