家にあるもので簡単に!エルエルビーンのトートバッグを洗ってみた

80〜90年代のエルエルビーンの定番ボートアンドトートバッグ。中でもド定番のミディアムタイプのネイビーを中古で購入しました。少し汚れがあるとのことで、お手頃価格で手に入れることができました。

エルエルビーンのトートは、どんなふうに洗っていますか?とご質問を頂くことが多いので、今回は私なりの洗濯方法をご紹介したいと思います!

基本はザブザブ丸洗いです

特にコツとか、役に立つポイントとかは無いので恐縮ですが…コットンでできているシンプルなトートはつけ置き&手洗いが一番簡単な方法です。

全体は、お湯とオキシクリーン(酸素系漂白剤)で洗う

トートバッグに限らず、洗濯機以外の手洗いは、お風呂に入るついでにお風呂場で洗うのがめっちゃ楽です。洗濯に使うお湯ですが、お風呂の残り湯とかでも大丈夫かと思います。

洗面器やタライ、大きめのバケツなどにお湯とオキシクリーン(今回は大さじ2くらい)を混ぜ合わせて、そこにトートバッグをぶち込みます。このまますこし放置します。※塩素系漂白剤ではなく、酸素系漂白剤を使用してくださいね。

お湯と酸素系漂白剤が合わさると、細かい泡がしゅわしゅわ〜と出てきます。37~40度くらいが一番威力を発揮するらしいので、オキシクリーンを使う際には是非お湯を使ってくださいね。

▼オキシクリーンは お洗濯やお掃除、キッチンでも使えますよー!ひとつ有ると便利です

▼オキシクリーンは容量の大きいものを買ってしまったので、この容器に入れて保管しています。ハンドルが付いているので持ち運びらくらく、蓋の開閉もしやすいです。

▼大きいバケツ。洗濯や足湯やおもちゃや日用品の収納にも。とにかく万能

つけ置き後は、石鹸で部分洗い

ある程度つけ置きしたら、全体〜汚れが気になる部分を重点的にタワシでゴシゴシ洗います(今回は一晩放置しました。)

ひえー…こんなにつけ置き液の色が変わりましたよ…!オキシクリーンすごい…

ハンドル部分や底面など、まだ汚れが残っている場合は、必要に応じて石鹸などで部分洗いすると効果的です。普通の100円くらいで買える石鹸でOKかと。

▼水仕事全般は、薄くて丈夫なニトリル手袋が活躍

▼ハンドル付きのタワシも便利

▼牛乳石鹸赤箱。身体や手洗いにも、お洗濯の部分洗いにも万能

洗い終わったら、シャワー(流水)で丁寧にすすぎます。この時点で気になる汚れが残っていたら、もう少し部分洗いするのがおすすめです。

その後、よくすすいだら形を整えて干します。私はお風呂場でそのまま吊るし干ししています。(斜めに干してあげることで、水が一点に集まりやすい)24時間換気が付いていないお風呂場は、乾きにくいと思いますので、外で陰干しするといいですよ〜

トート丸洗いのときは、色移り&色落ちにご注意!

ボートアンドトートの中でも、レザーハンドルなど「綿以外の素材」が使われている場合は、素材の色落ちや劣化の原因にもなりますので、丸洗いはおすすめできません。

私もレザーハンドルのトートを所有していますが、丸洗いしたらレザーが色落ちしてトートに色移りしてしまいました(とほほ…)

今回ご紹介しました洗濯方法は完全に自己流ですので、実施される場合は自己責任でお願いしますね。

おまけ。エルエルビーンのトートが大好きだ

エルエルビーンのトートバッグは以前から大好きで、困ったことについつい集めてしまうんです…しかし!あと10年もすれば、子供を含め家族全員で使うことができるんじゃないかな?と今から楽しみで、気に入ったものを見つけては少しづつ集めております。性別年齢関係ないアイテムならではの楽しみ方ですね。

今回発見したトートは、企業のノベルティ?のようです。街を歩いていても誰ともかぶらない旧タイプのカタディンタグが付いたものや、シーズン限定のデザイン、企業やメーカーの別注品が好きなんですよね…。(写真は洗濯前のもの。中央の汚れが結構目立ちます)

それにしても現代にも通用する色褪せないデザイン・丈夫な作り…こちらも30年以上前とは思えないです。全てではないですが、現在でもアメリカでのトートバッグの生産を続けているのもすごいですよね。

▼探してみると、企業ロゴが入ったものを見かけますね。

家でも外でも。用途が多いトートバッグ

厚手の素材で自立するので、家の中でのちょっとした収納にも、図書館用のバッグにも、お買い物用のエコバッグにも…とにかく万能なのが良いですね。もちろん、汚れたら今回のようにザブザブ洗えるのも良い点です。

…とか色々と語っているうちに、洗ったバッグもすっかり乾きましたよ♪オキシクリーンのおかげで驚きの白!

結構ワイルドな洗濯方法ですが、すっきりきれいになりました!家でも外でも大活躍させていこうと思います^^



ブログの更新をメールでお知らせ

▼ブログの更新をメールでお知らせします