衝動買いが減る、洋服を買う前に思い出す魔法のおまじない&私の無駄使い対策

セールの時期がやってきましたね。店舗によってはプレセールが始まっていたり、最近はネット通販でも実店舗とほぼ同時期にセールが始まります。

洋服を買う前に、「今日お店でたまたま見つけて、ちょっと欲しいな~と思った洋服を5000円で買ったつもりになって、前から欲しかったあの洋服が5000円引きになるなら買うか?」という妄想をしています。

ちょっと分かりにくい表現ですが、要するに「これを買うと、本命のあのお洋服が遠ざかってしまうけれど、それでもいいのだね?」ということです。

「店先で見つけた ちょっと欲しい服」は、買うのを我慢して…本命の服を5,000円引き気分で買ったほうが色々とメリットもあるんではないかなーと感じます。

服が増えない・節約になる。

たとえば、「ちょっと欲しい5,000円の服」を購入して、しばらくしたら、やっぱり満足できず…その後、結局本命の一着を買ってしまうとします。こうして、本来1着でもよかった服が2着に増えてしまいます。

しかも、本来は買う必要の無い物を余分に買ってしまうので、お金も無駄になってしまいますね…まさに安物買いの銭失いです。はじめから本当に欲しい服を一着買う事で、枚数も増えず、余計なお金もかかりませんよね。

心が満たされる

お店でたまたま見つけて即買いしたお洋服は多分、買い物直後が満足度のピークなのでは?

私の場合、手元にやってきて家のクローゼットにしまうと、他のどうでもいい仲間たちに紛れてしまって、着る回数も少なくなってしまう…なんてことがよくありました。

自分の本当に欲しい洋服は、買い物後も満足度が下がりにくく、より長く着続けることができます。

中途半端は処分も厄介

手ごろな価格だからと買ってはみたものの、中途半端なお気に入りは活躍に関しても中途半端な場合が多く、新品同様だとしても買取は二足三文…質だって、それなりかもしれません。処分するときのことまでを考えると、「お気に入りをくたくたになるまで着て処分」するのが一番楽で何の手間も発生しませんよね。

本当に欲しい服のことだけ考えればいい

欲しい服だけに狙いを定めて、じっくりと貯金しながら買える時期がくるのを待ちます。目的も無くお店に行くと、他の商品の誘惑や店員さんによる親切すぎる接客に負けてしまい、無駄な浪費につながってしまいますので、注意が必要です…。

特殊な販売方法(誘惑)に負けない。

お店に行くと、何かしらの誘惑があります。最近では、〇着目は無料!〇着以上で〇%オフ!という販売方法も増えてますね。お店側も売上を上げなければいけませんから、この仕組みは当然といえば当然なのですが…。

ただ何となくウィンドウショッピングをするつもりが、これらの誘惑に踊らされて、何かしら出費が出てしまいます…(特に沢山のお店が集まるショッピングモール…!何も買わなかったとしても、長時間いると必ずカフェで休憩とかしてしまいますね)また、頭の中に一気に情報が流れ込んでくると冷静さを失ってしまいがちなので、注意が必要です。

私の対策:欲しい物のリストを作っておく

スマホのメモ帳アプリでも、手帳の1ページでもいいから、いつも持ち歩く物に「自分の欲しい物メモ」をまとめて書いておくのがおすすめです。

いつも持ち歩く物にメモ、というところが大きなポイントで、外出先でも このメモを思い出すことで、適当な買い物の時に思い直すことができる(これを買ったら、あの欲しいものがまた遠ざかってしまう → 一旦、買うのを保留 → そのうちどうでもよくなって買わなくて済む、という流れが理想的)

自分だけの欲しい物のリストを時間のある時に眺めるとワクワクとした気持ちにもなりますし、以前リストに追加したものでも「あれ?これもう必要ないかも?」という発見も。保留にすればするほどリストの内容が精査されてゆき、本当に自分の欲しい物を簡単に可視化できるんですね。

欲しい物リストは、お洋服はもちろん、日用品や家具など…基本なんでも対応できます。

わたし的、満足度が高い洋服

真夏以外、ほぼ1年を通じて着ているセントジェームスのウェッソン。こんなにも管理(お手入れ)が簡単で、何年も飽きずに着れて、買い直しができて、サイズも豊富で、着回しのきく服は無いと思っています。

ボーダーが有名ですが、無地のものだと、より個性がなくなるのでお気に入り。ファストファッションや、アパレルメーカーから出ているボートネックを買うお金があるならば、迷わず+αの金額でSJのウェッソンを買うようにしています。

セントジェームスのウェッソンは、最強の日常着だとおもう理由8つ
セントジェームスのウェッソンは、最強の日常着だとおもう理由8つ
みなさんご存知のド定番ボートネックシャツ。この左腕の小さなタグに見覚えがある!という方も多いんじゃないでしょうか。セントジェームスと言えば、...