47こども道具展に行ってきました。そして買い替えたもの。

渋谷ヒカリエのd47 MUSEUMにて行われている「47こども道具展」に行ってきました。

以前からD&DEPARTMENTの取扱商品は本当に大好きで、取扱する商品はどれも「ロングライフデザイン」を考え、選ばれています。

ロングライフデザインの10か条
1. 修理……修理をして使い続けられる体制や方法があること。
2. 価格……作り手の継続していく経済状態を生みつづける適正な価格であること。
3. 販売……売り場に作り手の思いを伝える強い意志があること。
4. 作る……作り手に「ものづくり」への愛があること。
5. 機能……使いやすいこと。機能的であること。
6. 安全……危険な要素がないこと。安全であること。
7. 計画生産……あくまで計画された生産数であること。予測が出来ていること。
8. 使い手……使う側が、その商品にまつわる商品以外に関心が継続する仕組みがあること。
9. 環境……いつの時代の環境にも配慮があること。
10. デザイン……美しいこと。

より引用

素敵な理念ですよね…。D&DEPARTMENTにある商品は、昔からある日用品だったり事務用品なんかも多いのですが、デザインもシンプルで美しく、長く愛されている製品が多いから、安心して購入できます。オリジナルの収納箱も有名ですよね。

1in1outしました

子供用のコップをKFCのおまけで貰ったペネロペのプラスチックカップから、こども道具展で購入したつよいこグラスへ交換しました。名前のとおり、通常のグラスに比べて割れたり、口欠けがしにくいことが特徴だそうで、雪だるまのようなころころとしたフォルムも可愛らしいです。出しっぱなしにしていても素敵ですよ〜。

ゆるゆるとですが…下の子も、ガラスや陶器の食器を使い始めています。こども道具展の石塚硝子さんの展示説明にあったように、割れることを避けるのではなく「割れるものは丁寧に扱う」ことを伝えるのも大事だな〜と感じます。

47こども道具展は、6月11日(日)まで開催していますよ〜。



ブログの更新をメールでお知らせ

▼ブログの更新をメールでお知らせします